トップ  >  考え  >  自分を許し失敗から学ぶ 「自己への思いやり」

自分を許し失敗から学ぶ 「自己への思いやり」

2013年01月24日

「自己への思いやり」とは、自分の間違いや欠点を、思いやりと理解をもって見つめようとすることです。「人間は間違いを犯すものだ」という事実を受け入れることでもあります。困難に直面した時に「自己への思いやり」を持てば、自分を厳しく糾弾する必要も、自尊心を守るために自分の長所ばかりに目を向ける必要もなくなります。多くの研究が示す通り、「自己への思いやり」は安心感や楽観的な気分をもたらし、幸福のレベルを高め、不安や抑うつのレベルを下げてくれます。
ということです。

成功の鍵は自尊心よりも「自己への思いやり」にある : ライフハッカー[日本版]

良い考え方だなと思いました。

看護師をしている人の中には、
自分に厳しすぎる感じがする人がいたりします。

「人間は間違いを犯すものだ」
と、理解することは、
自分の成長にも大切でしょうし、
人と接する時にも大切な考え方だと思います。


関連記事

隠れ“睡眠障害”にご注意 | トップページへ戻る | 医療メディエーターの業務指針など通知-厚労省

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る