トップ  >  医療  >  血液中のがんを網で生け捕りにする

血液中のがんを網で生け捕りにする

2013年01月04日

がん患者の血液中を流れ、転移の原因となる微量のがん細胞を生きた状態で効率良く捕らえる微細な「網」が開発された。理化学研究所と米カリフォルニア大の研究チームが31日までに、ドイツの科学誌アドバンスト・マテリアルズ電子版に発表した。実用化されれば、血液検査でがんの転移を早期に発見したり、治療後の経過を観察したりできる可能性がある。
ということ。

血液中のがん、網で生け捕り=簡単検査で転移の早期発見も―理研と米大学 (時事通信) - Yahoo!ニュース

透析のように血液を通して、血液の中のがん細胞を吸着させてしまう、
みたいなことができたら、
すごいだろうな。

関連記事

メダリストは3年弱長生き | トップページへ戻る | 死ぬ前に後悔すること5つ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント