トップ  >  ニュース  >  “終末の日”迎え…“唯一救われる村”は混乱

“終末の日”迎え…“唯一救われる村”は混乱

2012年12月21日

古代マヤ文明の暦を根拠に21日に世界が終わるという噂を巡り、唯一救われる聖地とされたフランス南部の村では“当日”を迎え、混乱を警戒して軍が出動する事態となっています。
ということ。

“終末の日”迎え…“唯一救われる村”は混乱警戒

終末の日も、
無事に日が暮れた。

関連記事

健康面から考えた暖房の設定温度 | トップページへ戻る | 在宅酸素療法を実施している患者居宅で発生した火災による死亡事例について

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント