トップ  >  医療  >  健診で血中脂質量の検査前の絶食は必須ではない?

健診で血中脂質量の検査前の絶食は必須ではない?

2012年12月01日

血中脂質量の測定は空腹時に行うことが推奨されているが、実際には検査前の絶食時間は血中脂質量に大きな影響を与えないことが、カナダCalgary大学のDavinder Sidhu氏らの研究で明らかになった。論文は、Arch Intern Med誌電子版に2012年11月12日に掲載された。
ということです。

健診で血中脂質量の検査前の絶食は必須ではない?:日経メディカル オンライン

病棟では、
夜勤の時間帯の早朝に採血が行われるけど、
看護師にとってはこの時間が一番忙しかったりする。

絶食が必要ないならば、
早朝に採血を行わなくても良いのだろうから、
忙しいときに無理して採血することはないなと思う。





関連記事

医師が選ぶ「最も好きな医療マンガ」ランキング | トップページへ戻る | 人工呼吸の中止、水分・栄養補給の制限や中止に依然抵抗感

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント