トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  医療  >  人工呼吸の中止、水分・栄養補給の制限や中止に依然抵抗感

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健診で血中脂質量の検査前の絶食は必須ではない? | トップページへ戻る | 感情をコントロールするには、どうすればいいのか

このページのトップに戻る

人工呼吸の中止、水分・栄養補給の制限や中止に依然抵抗感

2012年11月30日

日本救急医学会救急医療における終末期医療のあり方に関する委員会は11月5日、「救急医療における終末期医療に関する提言(以下、ガイドライン)」に対する救急医療従事者の意識の変容について、アンケートの結果を発表した。ガイドラインを出してから5年が経過し、認知度は高まっているものの、現場での適用については依然課題が残る状況が明らかになった。
ということ。

人工呼吸の中止、水分・栄養補給の制限や中止に依然抵抗感:日経メディカル オンライン

このような話を、
医療者の側から切り出すのはとても難しいことだと思う。

患者の元気なときの意思が確認できたり、
家族からの申し出があって、
初めて可能になることだろうと思う。

関連記事

健診で血中脂質量の検査前の絶食は必須ではない? | トップページへ戻る | 感情をコントロールするには、どうすればいいのか

このページのトップに戻る

コメント

No title

家族側からそういう話を持ち出してもぜんぜん問題はないんだよ、というような雰囲気があることは、大切かも知れません。医療者側からの押し付けにならなければ。

コメントの編集

自分の身内なら呼吸器停止しますわ。呼吸器つけて一言も話せず苦しんでる姿をみると、堪らなくなります。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。