トップ  >  ゲーム  >  仲間でゲームすると協力的になり暴力性が軽減する

仲間でゲームすると協力的になり暴力性が軽減する

2012年09月24日

暴力的なビデオゲームを仲間と一緒にすると、行動に及ぼすゲームの悪影響を軽減できることが、米オハイオ州立大学コミュニケーション教授のDavid Ewoldsen氏らによる2件の研究で明らかになった。研究結果は、印刷版に先立ち「Communication Research」オンライン版(8月12日)と、「Cyberpsychology, Behavior and Social Networking」(5月号)に掲載された。
ということ。

仲間でゲームすると協力的になり暴力性が軽減(2012.9.20掲載)

モンスターハンターとか、
みんなでやるといいのかもな。


私がちいさいころは、
ドンキーコングとか、
マリオブラザーズとか、
バルーンファイトとか、
イーアルカンフーとか、
みんなで集まってやったのを覚えている。

レトロゲームは、
暴力性は低めだったと思うけど、
ゲームクリアのために、協力するという要素はあったと思う。

ゲームの順番争いなどでケンカしたこともあったけど、
楽しい思い出だ。

関連記事

「休憩取れず違法」…救急隊員が賠償求め提訴 | トップページへ戻る | テレビ視聴2時間未満で1.4年の寿命延長か

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る