トップ  >  医療  >  心臓移植、60歳未満を優先

心臓移植、60歳未満を優先

2012年08月31日

厚生労働省の専門家チームは28日、心臓移植を希望する患者の登録時の上限年齢を5歳引き上げて「65歳未満が望ましい」とする日本循環器学会の方針を踏まえ、60歳未満への移植を優先することを盛り込んだ選択基準の改正案をまとめた。
ということ。

心臓移植、60歳未満優先に 年齢引き上げ方針で厚労省 - 47NEWS(よんななニュース)

ちょっと読んだだけでは分かりにくい記事だったけど、
心臓移植をうけることができる年齢の上限を上げて、
年齢による優先順位を作った、
ということだな。

はじめ読んだ時には、
高齢の人には厳しい判断のような気もしたけど、
今までは移植が受けられなかった年齢の人が、移植を受けられる可能性が出来たわけだから、
そうでもない。

年齢による優先順位を作ることは、
日本循環器学会などによっても提案されていたことであり、

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000023tit-att/2r98520000023tmr.pdf
現実的には、
仕方の無いことなのだろう。

関連記事

「特定看護師」、2年課程で議論が紛糾 | トップページへ戻る | 無資格教員が看護授業で再履修が必要に

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント