トップ  >  看護師  >  無資格教員が看護授業で再履修が必要に

無資格教員が看護授業で再履修が必要に

2012年08月31日

私立樟蔭東高校(東大阪市、宮近スイ子校長)の看護師養成学科「衛生看護科」(5年制、約300人)で、看護実習を指導する免許しか持たない教員数人が実習以外の授業を資格外で担当していたことが、学校関係者らへの取材で分かった。「教員数が足りず、断れなかった」という。資格外授業では単位が認定されず、再授業が必要。大阪府も状況を把握しており、全容解明に向けて調査に乗り出した。
ということ。

<樟蔭東高>無資格教員が看護授業 再履修が必要に (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

看護師不足であると共に、
看護教員不足でもあるのだな。

教えられた側に罪は無いと思うので、
補習の実施くらいでなんとかならないものだろうかと思う。

関連記事

心臓移植、60歳未満を優先 | トップページへ戻る | コーヒーの効果 1990年代以降は「体に良い」という視点の論文が増えている

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント