トップ  >  看護師  >  元看護師 医療用手袋再利用で中皮腫

元看護師 医療用手袋再利用で中皮腫

2012年08月30日

防府市在住の元准看護師河村三枝さん(52)が中皮腫を発症したのは、医療用ゴム手袋の再利用のため使った粉末「タルク」に混入していたアスベスト(石綿)を吸い込んだのが原因として、山口労働基準監督署が労災認定していたことが27日、分かった。
ということ。

防府の元准看護師、労災認定 医療用手袋再利用で中皮腫 - 中国新聞

こういうことがあるというのは、
知らなかったです。

平成18年9月1日から、石綿をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物の製造、輸入、譲渡、提供又は使用(以下「製造等」という。)が禁止された
ということなので、

厚生労働省:タルクへの石綿含有可能性調査結果について

それ以前には、
使われていた可能性があるのかもしれません。



関連記事

静脈注射 厳しい試験経て認定 | トップページへ戻る | 人間ドックで異常ゼロ、過去最低の7.8%

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント