FC2ブログ

トップ  >  ニュース  >  この夏電力は足りていたのか?

この夏電力は足りていたのか?

2012年08月22日

この夏、関電管内で電力使用率が90%を超えた日は、たったの2日しかない。東電も同様で、5月に発表した需給見通しでは、8月(猛暑の場合)の需要は5520万キロワット、供給力は5771万キロワットだった。だが、フタを開けてみると、需要はピークタイムでも3000万~4000万キロワット程度。真夏日でも使用率は60~70%台がザラなのである。
「電力会社は『電力は足りている』と言ってしまうと、原発再稼働ができなくなって債務超過に陥るため、口が裂けても本当の数字を言えないのです」

のだそうです。

ゲンダイネット

不安をあおるような記事は、
言いっぱなしで検証がされないことが多いと思う。

もしくは、
実際には検証されていても、
もきちんと報道されないことが多い。

不安は不安のままでいてくれないと、
困る人たちが多いのだろう。


関連記事

喉や口の不快な症状を和らげる呼吸器系ハーブ「タイム」 | トップページへ戻る | 水虫の薬は足全体に塗る必要がある

このページのトップに戻る

コメント

私のこづ(ず?)かいが、去年の震災以降は2万円に減額された。不満を云ってもしょうがない。なんとかなってるでしょ、といわれるとネ。東電だって、原発なくてもナントカできてる...って、でも、それは東電がガマンしてるんじゃない。もっと、電力を使ってほしいのか、あるいは、原発を稼働(稼動?)しなくても収入が確保できるように電気料金を上げるか...。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る