FC2ブログ

トップ  >  考え  >  視界の中にあるけれど、心理的に遠い場所

視界の中にあるけれど、心理的に遠い場所

2012年06月29日

人間のが物を隠す時と探す時に、
どのような行動をとるかということについて書かれた記事。

人はなぜ隠すときと探すときで違う場所を選ぶのか? (WIRED.jp) - Yahoo!ニュース

この記事を参考にすると、
物を隠す時には、探されにくい場所、
探す時には、隠されやすい場所、
について考える必要があるということと、
それはどういう場所なのか、
ということがわかります。


話は少し変わりますが、
なくした物を探していてなかなか見つからない時には、
盲点となっている場所にあることが多いと思います。

盲点となりやすい場所というのは、
ここにはあるはずがないと思っている場所、
ですが、
実は、
ここにあるはずだと思っている場所のすぐ近く、も、
以外に盲点になりやすい気がします。

あるはずの場所から少しずれたところにあるだけで、
見つからなかったりする。

そういうことがよくあるなと、
自分の行動から思います。
関連記事

昼間の眠気がプロアスリートの選手生命を縮める | トップページへ戻る | 医療での被曝量、生涯通じ把握

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る