トップ

今日から◯◯をやめればあなたも絶対に痩せる!

2017年01月19日

今日から◯◯をやめればあなたも絶対に痩せる!
という動画です。

https://youtu.be/67zUtPM2goU

動画内の主張のポイントを一言でいうと、

食べ物の出てくるテレビを見ない

ということですね。

人間の行動は、
メディアなどにかなり誘導されている。

なので、
人の行動の誘導となるものをなくせばよいのではないかということです。

しかし、
食べ物の出てくるテレビを見なくても、食べ物が目の前にあると食べたくなるので、
見えるところに食べ物を置かない、
ということも大切なんじゃないかと思います。



このページのトップに戻る

2017年01月19日

「魚類やDHAの摂取は、記憶愁訴やMCI高齢者において予防的メリットを有する可能性があり、軽度/中等度アルツハイマー病患者のサブグループにおいても、このようなメリットがあると考えられる」
ということです。

魚を食べると認知症は予防できるのか|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

はっきりと、
「効果があるよ!」
と、なっていないところがポイントかなと思います。

効果がある可能性がある、
というくらいみたいです。

魚は体によい、
と思って魚を食べたら、
その効果は高まるの気がします。


このページのトップに戻る

パウダー医療手袋、2年以内に供給停止

2017年01月19日

厚生労働省は、手術などで使われているパウダー付きの医療用手袋について、2年以内にパウダーのない手袋に供給を切り替えるよう製造販売業者に通知した。
ということ。

パウダー医療手袋、2年以内に供給停止を|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

パウダー付きのほうが、
はめる時にははめやすいけど。



このページのトップに戻る

妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は

2017年01月16日

妊娠中のカフェイン摂取や長期的なアウトカム(子供の神経行動など)を評価した研究は、まだ不十分であり、研究結果は一貫していない。ブラジル連邦大学のBianca Del-Ponte氏らは、妊娠中の母親のカフェイン摂取とその子供が11歳時のADHDとの関連を評価するため検討を行った。
ということ。

妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事には、
妊娠期間におけるカフェイン摂取は、ADHDと関連が認められなかった。
と、書いてありましたので、
まあ大丈夫なのでしょう。

このページのトップに戻る

2017年01月16日

市販の鎮痛薬であるイブプロフェンやアセトアミノフェンを長期使用すると、一部の女性の難聴リスクが高まる可能性があるとの研究結果が「American Journal of Epidemiology」オンライン版に12月14日掲載された。
ということ。

市販の鎮痛薬の長期使用で難聴リスクが上昇か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

アセトアミノフェンが入っているものというと、
タイレノールとか、ノーシン

イブプロフェンが入っているものというと、
イブとか、バファリン

我が家にも何種類かおいてあって、
飲むこともありますが。

このページのトップに戻る

牛乳摂取と認知障害は関連するのか

2017年01月16日

牛乳摂取と認知障害との関連性を調査したいくつかの疫学研究における結果は一致していない。今回、中国人民解放軍総合病院のLei Wu氏らが牛乳摂取量と認知障害の関連についてメタ解析を行ったところ、これらに有意な逆相関を認めたが、研究のさまざまなリミテーションにより関連性を立証することはできなかった。
ということ。

牛乳摂取と認知障害は関連するのか~メタ解析|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

牛乳飲むと認知症になりにくいかもしれない、
というくらいかな。

好きなら飲んだらいいと思うし、
牛乳は体にいい、という考えを持っているなら、
たぶんその「考え」だけでも何かしら良い効果があるんじゃないかな。
(プラシーボ効果)



このページのトップに戻る

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会

2017年01月09日

日本老年学会などは5日、現代人は心身が若返っているとして、65歳以上とされる高齢者の定義を75歳以上に引き上げるべきだとする提言を発表した。65~74歳は準備期間として新たに「准高齢者」と区分するよう求めた。
ということ。

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会:時事ドットコム

法律などのルールを作るときには、何かしらの区切りが必要なのだろうけど、
老化のスピードみたいなものは、個人によってもばらつきがあると思うので、
元気な人は本人が働きたいだけは働けるようにしたら良いのではないかと思う。

おそらくそうしないと、
社会が成り立たなくなっていくのだろうし。

このページのトップに戻る

少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性

2016年12月22日

少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性があるが、大量飲酒は虚血性脳卒中と出血性脳卒中の両方のリスクを高めるとの報告が、「BMC Medicine」オンライン版に11月24日掲載された。
ということです。

毎日少量のアルコールで脳卒中リスクを低減か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

自分にとっての適量ということであれば、
ビールにしたらおそらく350mlの缶一本くらいだなと思う。




このページのトップに戻る

大口病院の事件について 

2016年09月29日

大口病院の事件、
新しい情報はどんどん出てくるけど、

http://www.sankei.com/affairs/news/160929/afr1609290001-n1.html

なかなか容疑者が特定できないのが、
少し不思議な気がする。

警察の調査によると、
50の点滴のうち10点滴の栓に穴が見つかったということだから、
それだけのことを継続的にやっていたとしたら、
怪しい人はすぐにわかりそうな気がする。

事件に関連がありそうな患者カルテや、職員の勤務状況や、職員の人間関係などを調べれば、
怪しい人は絞られるのではないだろうか?

そもそも、犯人が病院で働いている人なら、
事件が発覚後もそのまま平然と働き続けているということで、
人間にそんなことができるものだろうか?

よっぽど慎重に調査をしているのか、
そうでなければ、犯人はとても巧妙に注意深く犯行に及んでいるのか、
もしくは、全然予想もつかないような人が犯人なのか?

いずれにしろ、
医療に関係する人間の一人として、
早くはっきりとしたことが知りたいなと思う。

このページのトップに戻る

大口病院の事件について

2016年09月27日

大口病院の事件について思ったことを少し。

ネット上でいろいろ言われているように、
病院スタッフが事件に関与している可能性はあるなと思う。

点滴の保管場所が施錠していなかったとはいえ、
看護師は、あちこち動き回って仕事をしながら、いろんなところに目を光らせているので、
そういう視線をかいくぐって点滴に異物を混ぜることは、
そんなに簡単なことではないと思うので、
外部から来た人だったら見つかると思う。



それから、
界面活性剤を入れたら泡立つと思うので、
点滴をする前にも気づきそうなもの。

しかし、薬剤そのものが泡立ちやすいものもあって、
こういうものに入れたら気が付かないかもしれない。

それから、点滴の終了後に行う、
生理食塩水やへパンリン入り生理食塩水でのルートのロックの際に、
生食に異物を混ぜれば気が付かないかもしれない。

あとは、
点滴に混入されていた界面活性剤というものは、手洗い用の洗剤とかにも入っていると思うので、
そういうのは患者さんの病室の洗面台にも置いてあったりして、
個室の患者さんで意識がないような方のときは、誰も見ている人はいなくなるので、
そこからとってその場で点滴に入れることもできるだろう。



それから、
ナースステーションで一番人目が少なくなるのは、
夜勤のとき。

夜勤のときには一人が休憩していたら、
その病棟で働いている看護師が一人だけになることもある。

看護師が一人だけ働いている時間帯が、
一番不用心になる時間帯だな。



ようするに、
看護師が悪意を持てば、
点滴を施錠して保管したりしても今回の事件は防ぎようがない。

看護師が犯人だというのはまだ仮定なのであれだけど、
悪意を持った看護師が犯人だとして、
悪意を持つようになった理由というのが、重要になるだろうなと思う。


最後にもう一つ、
今後は、病棟などに防犯カメラが設置されるケースが増えるかもなと思う。







このページのトップに戻る

外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率 滅菌手袋と非滅菌手袋とで術後創部感染の頻度に差はない

2016年09月11日

外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率に、使用した手袋が滅菌か非滅菌かにより影響を及ぼすかどうかは結論が得られていない。米国・メイヨークリニックのJerry D. Brewer氏らは、システマティックレビューおよびメタ解析を行い、滅菌手袋と非滅菌手袋とで術後創部感染の頻度に差はないことを報告した。
ということ。

滅菌手袋 vs.非滅菌手袋、外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率は?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

創部は非滅菌手袋よりも汚い、
ということなんだろうと思う。

このページのトップに戻る

衰弱の母親死亡、男再逮捕 治療受けさせなかった疑い

2016年09月11日

兵庫県警淡路署は28日、衰弱した母親に治療を受けさせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで、同県淡路市、無職西岡修(にしおか・おさむ)容疑者(53)を再逮捕した。同署によると、「死んでもいいと母が言っていたため、病院に行かなかった」と容疑を認めている。
というニュース。

医療ニュース | m3.com

記事によると、
西岡容疑者が8月8日に110番し、遺体を放置して自宅から立ち去ったことが発覚したため、淡路署が同日、死体遺棄容疑で逮捕していた。
ということ。

119番に通報してその場を離れなければ、
違った形になっていたのかもなと少し思う。

このページのトップに戻る

春生まれはアレルギーが多い

2016年06月21日

春生まれの患者さんはどのくらいアレルギーのリスクが高いのかというと、秋生まれの患者さんと比べて、1.19倍!
なのだそうです。

Dr. 倉原の”おどろき”医学論文 | Dr. 倉原の”おどろき”医学論文 | 連載企画|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

そして春生まれの人は、
帰宅させられないほどの重度のアレルギー症状を呈して入院になるリスクは、秋生まれの患者さんと比べて1.86倍リスクが高い
のだそうです。

花粉とかの影響でしょうか?

このページのトップに戻る

深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的?

2016年06月21日

深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的/BMJ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット
この記事なんですが、
記事の中では、
1年治療群の2年治療群に対する非劣性認められず、QOLは両群間で有意差なし
ということが述べられているにも関わらず、
深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的

というタイトルになってしまっているところが、
なんか変だなと思いました。

1年でも2年でも変わらないと言っておきながら、
2年以上が理想的といっているわけですから。

このページのトップに戻る

車のドアガラス越しの日焼けに注意

2016年06月08日

車の運転中、フロントガラスはおそらく紫外線A波(UV-A)を遮ってくれるが、サイドガラスはそうでない可能性があることが、Boxer Wachler視覚研究所(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)のBrian Boxer Wachler氏の研究でわかった。
ということ。

車のドアガラス越しの日焼けに注意―皮膚と眼を害する可能性|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

そんな感じはしてましたけど。

このページのトップに戻る

運動が13のがん種のリスクを低減

2016年06月07日

運動によりよリスクの下がるガンは、
食道腺がん、肝がん、肺がん、腎がん、胃噴門部がん、子宮内膜がん、骨髄性白血病、骨髄腫、結腸がん、頭頸部がん、直腸がん、膀胱がん、乳がん。

逆に、運動によりリスクが上昇したガンは、
前立腺がんや悪性黒色腫。

参照

運動が13のがん種のリスクを低減 | Medscape|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

このページのトップに戻る

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?

2016年06月05日

大腸内視鏡検査で、胃を空にするつらい準備は必要でない可能性が、新たな研究で示唆された。通常、内視鏡検査の前日には固形食を控えて清澄流動食を摂取し、下剤を飲む必要がある。しかし今回の研究では、少量の低繊維食を摂取しても検査への悪影響はみられず、むしろ従来の清澄流動食を摂取するよりも、腸は検査に適した状態になることがわかった。
ということです。

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

ようするに、
食べないよりも食べたほうがよく出る、
ということみたいです。

医療者が当たり前だと思ってやっていることの中にも、
根拠がなかったり、良く調べると間違っていることって、
けっこうあるのだなと思います。

このページのトップに戻る

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい

2016年06月05日

心肺持久力(cardiorespiratory fitness;CRF)が高いと糖尿病前症や2型糖尿病の発症リスクが低減することが、新しい研究で報告された。
ということですが、

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

しかし、
このレベルにまで心肺持久力を向上させるには、1日30分、週5日の激しい運動あるいは1日40分、週5日の中等度の運動を行う必要があることも判明した。
とも書かれており、
運動で糖尿病のリスクを下げるには、
かなり運動しないといけないのだなと思いました。

ある程度歳をとってくると、
一日30分も激しい運動をしたら、
次の日動けなくなりますね。


このページのトップに戻る

長生きする人の5つの特徴とは?

2016年06月05日

75年の研究でわかった、長生きする人に共通する「性格の特徴」 - まぐまぐニュース!
という記事。

記事の中で紹介されている、長生きする特徴は、
①真面目さ・誠実さ
②打ち解けやすさ、開放性
③感情の安定性
④親愛
⑤感情を表現できる

ということです。

看護師をしていると、
歳をとっても元気な人を見ることがしばしばありますが、
そういう人を見ていて思うことは、
高齢な人にもいろんな人がいるなということです。

高齢の人の中にも、
優しい感じの人も、そうでない感じの人も、いろんな人がいる。

それでもそういう人に共通して感じるのは、
「マイペースである」
ということかなと思っています。

それから女性で高齢な人に共通することが多いのは、
「よくしゃべる」
ということかなと。





このページのトップに戻る

終末期の「援助士」養成、団体が記念シンポ

2016年05月16日

人生の最終段階を迎えた患者や利用者らのケアを担う人材を育成する一般社団法人「エンドオブライフ・ケア協会」はこのほど、東京都内で設立1周年を記念するシンポジウムを開いた。
という記事。

終末期の「援助士」養成、団体が記念シンポ | 医療経営CBnewsマネジメント

いろんな団体があるな。

基礎講座は二日の日程。

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座(2016年7月2日・3日、名古屋) | 一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント