トップ

大口病院の事件について

2016年09月27日

大口病院の事件について思ったことを少し。

ネット上でいろいろ言われているように、
病院スタッフが事件に関与している可能性はあるなと思う。

点滴の保管場所が施錠していなかったとはいえ、
看護師は、あちこち動き回って仕事をしながら、いろんなところに目を光らせているので、
そういう視線をかいくぐって点滴に異物を混ぜることは、
そんなに簡単なことではないと思うので、
外部から来た人だったら見つかると思う。



それから、
界面活性剤を入れたら泡立つと思うので、
点滴をする前にも気づきそうなもの。

しかし、薬剤そのものが泡立ちやすいものもあって、
こういうものに入れたら気が付かないかもしれない。

それから、点滴の終了後に行う、
生理食塩水やへパンリン入り生理食塩水でのルートのロックの際に、
生食に異物を混ぜれば気が付かないかもしれない。

あとは、
点滴に混入されていた界面活性剤というものは、手洗い用の洗剤とかにも入っていると思うので、
そういうのは患者さんの病室の洗面台にも置いてあったりして、
個室の患者さんで意識がないような方のときは、誰も見ている人はいなくなるので、
そこからとってその場で点滴に入れることもできるだろう。



それから、
ナースステーションで一番人目が少なくなるのは、
夜勤のとき。

夜勤のときには一人が休憩していたら、
その病棟で働いている看護師が一人だけになることもある。

看護師が一人だけ働いている時間帯が、
一番不用心になる時間帯だな。



ようするに、
看護師が悪意を持てば、
点滴を施錠して保管したりしても今回の事件は防ぎようがない。

看護師が犯人だというのはまだ仮定なのであれだけど、
悪意を持った看護師が犯人だとして、
悪意を持つようになった理由というのが、重要になるだろうなと思う。


最後にもう一つ、
今後は、病棟などに防犯カメラが設置されるケースが増えるかもなと思う。







このページのトップに戻る

外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率 滅菌手袋と非滅菌手袋とで術後創部感染の頻度に差はない

2016年09月11日

外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率に、使用した手袋が滅菌か非滅菌かにより影響を及ぼすかどうかは結論が得られていない。米国・メイヨークリニックのJerry D. Brewer氏らは、システマティックレビューおよびメタ解析を行い、滅菌手袋と非滅菌手袋とで術後創部感染の頻度に差はないことを報告した。
ということ。

滅菌手袋 vs.非滅菌手袋、外来での皮膚外科手術後の創部感染発症率は?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

創部は非滅菌手袋よりも汚い、
ということなんだろうと思う。

このページのトップに戻る

衰弱の母親死亡、男再逮捕 治療受けさせなかった疑い

2016年09月11日

兵庫県警淡路署は28日、衰弱した母親に治療を受けさせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで、同県淡路市、無職西岡修(にしおか・おさむ)容疑者(53)を再逮捕した。同署によると、「死んでもいいと母が言っていたため、病院に行かなかった」と容疑を認めている。
というニュース。

医療ニュース | m3.com

記事によると、
西岡容疑者が8月8日に110番し、遺体を放置して自宅から立ち去ったことが発覚したため、淡路署が同日、死体遺棄容疑で逮捕していた。
ということ。

119番に通報してその場を離れなければ、
違った形になっていたのかもなと少し思う。

このページのトップに戻る

春生まれはアレルギーが多い

2016年06月21日

春生まれの患者さんはどのくらいアレルギーのリスクが高いのかというと、秋生まれの患者さんと比べて、1.19倍!
なのだそうです。

Dr. 倉原の”おどろき”医学論文 | Dr. 倉原の”おどろき”医学論文 | 連載企画|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

そして春生まれの人は、
帰宅させられないほどの重度のアレルギー症状を呈して入院になるリスクは、秋生まれの患者さんと比べて1.86倍リスクが高い
のだそうです。

花粉とかの影響でしょうか?

このページのトップに戻る

深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的?

2016年06月21日

深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的/BMJ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット
この記事なんですが、
記事の中では、
1年治療群の2年治療群に対する非劣性認められず、QOLは両群間で有意差なし
ということが述べられているにも関わらず、
深部静脈血栓症後の弾性ストッキング、2年以上が理想的

というタイトルになってしまっているところが、
なんか変だなと思いました。

1年でも2年でも変わらないと言っておきながら、
2年以上が理想的といっているわけですから。

このページのトップに戻る

車のドアガラス越しの日焼けに注意

2016年06月08日

車の運転中、フロントガラスはおそらく紫外線A波(UV-A)を遮ってくれるが、サイドガラスはそうでない可能性があることが、Boxer Wachler視覚研究所(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)のBrian Boxer Wachler氏の研究でわかった。
ということ。

車のドアガラス越しの日焼けに注意―皮膚と眼を害する可能性|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

そんな感じはしてましたけど。

このページのトップに戻る

運動が13のがん種のリスクを低減

2016年06月07日

運動によりよリスクの下がるガンは、
食道腺がん、肝がん、肺がん、腎がん、胃噴門部がん、子宮内膜がん、骨髄性白血病、骨髄腫、結腸がん、頭頸部がん、直腸がん、膀胱がん、乳がん。

逆に、運動によりリスクが上昇したガンは、
前立腺がんや悪性黒色腫。

参照

運動が13のがん種のリスクを低減 | Medscape|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

このページのトップに戻る

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?

2016年06月05日

大腸内視鏡検査で、胃を空にするつらい準備は必要でない可能性が、新たな研究で示唆された。通常、内視鏡検査の前日には固形食を控えて清澄流動食を摂取し、下剤を飲む必要がある。しかし今回の研究では、少量の低繊維食を摂取しても検査への悪影響はみられず、むしろ従来の清澄流動食を摂取するよりも、腸は検査に適した状態になることがわかった。
ということです。

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

ようするに、
食べないよりも食べたほうがよく出る、
ということみたいです。

医療者が当たり前だと思ってやっていることの中にも、
根拠がなかったり、良く調べると間違っていることって、
けっこうあるのだなと思います。

このページのトップに戻る

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい

2016年06月05日

心肺持久力(cardiorespiratory fitness;CRF)が高いと糖尿病前症や2型糖尿病の発症リスクが低減することが、新しい研究で報告された。
ということですが、

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

しかし、
このレベルにまで心肺持久力を向上させるには、1日30分、週5日の激しい運動あるいは1日40分、週5日の中等度の運動を行う必要があることも判明した。
とも書かれており、
運動で糖尿病のリスクを下げるには、
かなり運動しないといけないのだなと思いました。

ある程度歳をとってくると、
一日30分も激しい運動をしたら、
次の日動けなくなりますね。


このページのトップに戻る

長生きする人の5つの特徴とは?

2016年06月05日

75年の研究でわかった、長生きする人に共通する「性格の特徴」 - まぐまぐニュース!
という記事。

記事の中で紹介されている、長生きする特徴は、
①真面目さ・誠実さ
②打ち解けやすさ、開放性
③感情の安定性
④親愛
⑤感情を表現できる

ということです。

看護師をしていると、
歳をとっても元気な人を見ることがしばしばありますが、
そういう人を見ていて思うことは、
高齢な人にもいろんな人がいるなということです。

高齢の人の中にも、
優しい感じの人も、そうでない感じの人も、いろんな人がいる。

それでもそういう人に共通して感じるのは、
「マイペースである」
ということかなと思っています。

それから女性で高齢な人に共通することが多いのは、
「よくしゃべる」
ということかなと。





このページのトップに戻る

終末期の「援助士」養成、団体が記念シンポ

2016年05月16日

人生の最終段階を迎えた患者や利用者らのケアを担う人材を育成する一般社団法人「エンドオブライフ・ケア協会」はこのほど、東京都内で設立1周年を記念するシンポジウムを開いた。
という記事。

終末期の「援助士」養成、団体が記念シンポ | 医療経営CBnewsマネジメント

いろんな団体があるな。

基礎講座は二日の日程。

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座(2016年7月2日・3日、名古屋) | 一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会

このページのトップに戻る

ウオノメやタコを治すには?

2016年05月16日

ウオノメやタコの治療について書かれた記事。

ウオノメやタコを治すには?専門家のアドバイス|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

対処療法は二つ。

ウオノメやタコを5~10分間、または皮膚が柔らかくなるまで温水に漬ける。それから温水に漬けた軽石を円または横方向に動かし、角質を削りとる

ウオノメやタコのある部分に、サリチル酸または乳酸アンモニウム、尿素を含む保湿化粧水かクリームを毎日塗る


根本的には、

大抵のウオノメやタコは、原因の摩擦・圧力がなくなれば徐々に消えていく

ということで、
摩擦・圧力を除去することを考えればいいわけだ。

このページのトップに戻る

ケアマネにとって高い壁、「医師との連携」

2016年05月08日

多職種連携の要と位置付けられるケアマネジャー。しかし、多くのケアマネジャーにとって医師との連携は、相変わらず乗り越え難い壁であることをうかがわせるデータが、厚生労働省の「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査」(2015年度調査)で示された。例えば、サービス担当者会議(サ担)に病院の主治医の出席を求めるケアマネジャーは1割に満たなかった上、患者の退院時のカンファレンスに参加する病院の医師の割合は、半分程度にすぎなかった。
とういことです。

ケアマネにとって高い壁、「医師との連携」 | 医療経営CBnewsマネジメント

これは、
忙しすぎる医師に気を使ってなかなか呼び出したりできない、
といういことなんじゃないかと思う。

このページのトップに戻る

「飛び石」 有給取得制度 医療介護で進まず

2016年05月07日

「飛び石」有休取得制度、医療介護で進まず | 医療経営CBnewsマネジメント

外来には患者さんが詰めかけ、
祝日にはできない検査とか処置とかを、平日にまとめて行うので、
ゴールデンウィークの飛び石の日は、
医療現場は大忙しになる。

このページのトップに戻る

中心静脈カテーテル、座位抜去で空気塞栓症

2016年05月07日

日本医療機能評価機構は、患者が座ったままの姿勢で中心静脈カテーテルを抜去したため、血管内に空気が流入した事例の報告が、2012年1月から16年2月までの間、計3件あったと発表した。流入事例のあった医療機関では抜去方法のマニュアルを作成するなど再発防止策を講じているという。
ということです。

中心静脈カテーテル、座位抜去で空気塞栓症-医療機能評価機構が注意喚起 (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

知らないと怖いですね。

このページのトップに戻る

転倒した際の大腿骨頸部骨折を予防する パンツにはるタイプのヒッププロテクター

2016年05月07日

大人用紙おむつ専門メーカーである株式会社光洋(神奈川県横浜市、代表取締役社長:高木克昌)は、転倒時の大腿骨頸部への衝撃を緩和するヒッププロテクター「オンリーワンパンツにはるだけ ほねガード(以下ほねガード)」のリニューアルを発表した。
ということ。

「オンリーワンパンツにはるだけ ほねガード」をリニューアル|けあNews by けあとも

装着が楽、というのはいいなと思う。

このページのトップに戻る

「飢え死には残酷」 主治医、葛藤も 

2016年05月07日

終末期の医療に関する記事を読んだ。

医療ニュース | m3.com

とくに、終末期に胃ろうで栄養や水分を補うことについて触れられている記事。

記事の中で医師が話したように書かれている部分について。

「口から食べられなくなったらそのまま逝くというのは、飢え死にするということ。それはやはり残酷だ」

口から食べられなくなって点滴などをしなければ、
さきに脱水が起きるので「餓死」というわけでもないと思う。

広義には「餓死」なのかもしれないけど。

つづいてもう一か所。

「そこまでして生きたいかと聞かれれば、自分はそうは思わない」

自分は「餓死」を望むということだと思うので、
延命治療というのは、
自分にしてほしくないことは他の人にもしない、
という、基本的な道徳に反する部分があるなと思った。

まあ、
相手が実際になにを望んでいるのかわからない状況では、
判断のしようがないことだろうけど。

それから、

終末期の胃ろうには「単なる延命にすぎない」と見直しを求める声がある。

近年は延命治療を控え、自然な衰弱で亡くなる「平穏死」を提唱する動きも広がる。

というような記述について。

このような議論は言葉遊びと同じようなもので、
結論なんて出るわけがない。

その人の人生は、生きているその人自身のものだから、
胃ろうが延命なのか、自然な衰弱が「平穏」なのかは、
自分で考えるしかない事だと思う。

なんにしても、本人の意思というのが最も大切なことで、
ある程度の年齢になったら、
学生などに進路相談するような感覚で、
自分の死ぬときのことを家族などと相談しておくのが理想なのだろうと思う。

胃ろうや延命について一般的な議論をすることと同時に、
自分の死について考える機会を持つような取り組みが行われるようになることが、
必要なんじゃないかと思う。

このページのトップに戻る

2回目のデートにつながる「姿勢」

2016年04月28日

良い姿勢を保ち、友好的なボディランゲージをとることで、オンラインデートやスピードデートの恋がうまくいく―こんな研究結果が、米カリフォルニア大学バークレー校のTanya Vacharkulksemsuk氏らにより報告された。
ということ。

2回目のデートにつながる「姿勢」は|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

スピードデートとは、
男女が出会って4分間話をすることだそうだ。

そして記事によると、
「内気にみせないことが鍵。人々は、恋人候補の開放性を確認しており、社交的な見た目が重要だ。もしオンラインの写真から恋につなげたいなら、より開かれた姿勢をとるべきだろう」
ということで、
緊張して縮こまらずに、リラックスしてフレンドリーであることが大切なんだろう。

まあ、当たり前事のような気もするけど。

当たり前のことほど難しかったりしますが。

このページのトップに戻る

海女さんの血管年齢、実年齢より10歳以上若く

2016年04月28日

海女の血管年齢は、実年齢より10歳以上も若い――。こんな調査結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが発表した。
ということ。

医療ニュース | m3.com


記事によると、
チームは千葉県南房総市白浜地区と三重県の志摩・鳥羽地区に住む、海女115人(平均年齢66歳)と、運動習慣のある一般女性33人(同64歳)、運動習慣のない一般女性50人(同66歳)について、心疾患などの発症リスクとなる動脈硬化の程度を調べる血管年齢測定を行った。
その結果、海女の血管年齢は、実年齢と比べ平均で約11歳若かった。運動習慣のある一般女性は同約8歳、運動習慣のない一般女性は約6歳若かった。

ということで、
海女さんの11歳若いというのもさることながら、
運動習慣のない女性でも6歳若いというところもすごいなと思った。

海の近くに住んでいる人は、
もともと健康的なのかもしれないな。

このページのトップに戻る

肌に貼るパッチで糖尿病管理

2016年04月27日

汗で血糖値を測定するセンサーと、治療薬を経皮投与する極小の針を備えたパッチを肌に貼るだけで、痛みを伴わない糖尿病の管理や治療が可能になるかもしれない-。こんな研究結果が、韓国の研究チームから報告された。
ということ。

肌に貼るパッチで「侵襲のない」糖尿病管理が可能に|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

すぐには無理かもしれないけど、
いずれは実用化されるのでしょうね。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント