トップ

柿食べ過ぎ「胃石」

2018年04月08日

食べ物などが胃の中でうまく消化されず、塊となって残る「胃石」。国内では柿を食べ過ぎてできる「柿胃石」の報告が最も多く、食欲不振や胃痛などの原因となる。
という記事。

記事によると、一日に柿を2、3個食べていた人で「柿胃石」になっていたようで、
私も昨年の秋は、一日に2つか3つくらい柿を食べていることがあって、
別に何ともなかったけど、今年の秋は気を付けようかなと思いました。

たくさん柿が採れて、腐るのがもったいないなと思うと、
たくさん食べてしまうことがあります。

柿胃石にはコーラがいいみたいですが、
柿食べてコーラを飲むとか、
糖分の摂りすぎになりそうな気もします。



このページのトップに戻る

コーヒーが代謝に与える影響

2018年04月08日

コーヒーは健康にさまざまなベネフィットをもたらすことが知られているが、毎日摂取するとこれまで考えられていた以上に代謝に影響を及ぼす可能性のあることが小規模な研究で示された。
ということ。

記事によると、
コーヒーによる代謝の変化としては、
脳内マリファナに類似した物質として知られる内因性カンナビノイドシステムに関連する代謝産物の血中濃度を低下させることが分かった。
というようなことが書かれているけど、
このことが結果的に体にどのような影響を与えているかは、
まだよくわからないみたい。

自分自身の体で、
コーヒーをよく飲んでみることと、あまり飲まないことを試してみてみて、
体重の変化なども同時に記録してみると、
何かわかるかもしれないなと思う。



このページのトップに戻る

飛行機の機内で感染リスクが高い座席

2018年04月02日

飛行機の機内で呼吸器感染症患者から感染するリスクは、患者の座席の前後1列および左右2座席以内が最も高く、それ以上離れた席であればリスクは極めて低いことが、米エモリー大学のVicki Stover Hertzberg氏らによる研究から明らかになった。
ということ。

飛行機の中でどの座席に座れば感染のリスクが低くなるのか?
といことではなくて、
呼吸器感染症患者からどのくらい離れれば、感染がおこりにくくなるのか、
ということですね。

飛行機内という密室においても、
感染を防ぐために離れればいい距離は、
そんなに長くないようです。

ただ、自分の隣の席の人が咳をしていたらからといって、座席を変えてもらえるわけではないでしょうから、
ある意味で、「運」次第なのかもしれません。




このページのトップに戻る

スマホにタッチするだけで血圧測定が可能になるかも

2018年04月02日

米ミシガン州立大学のRamakrishna Mukkamala氏らは、スマホに装備すれば画面に指を押し付けるだけで即時に血圧値を測定できる装置を開発したことを「Science Translational Medicine」3月7日号に掲載された論文で報告した。
ということ。

スマホででできるようにするより前に、
専用の機器としてそういうのを作ってくれれば助かるのになと思う。

医療現場でこういう装置を使おうとしたら、
どこまで正確に測れるのかという問題は、
あるだろうけど。


このページのトップに戻る

首や腰をボキボキ鳴らすと早死にします -肩コリ、首コリ、腰痛は正しくラクに治す!  石部 伸之

2018年03月20日

この本より。

首は曲げる回数が多ければ多いほど、また負担のかかる姿勢をとればとるほど、変形が早まります。p5

関節の変形は、場合によっては何十年もの、よくない姿勢などの小さな負荷が積み重なって起こります。p44

背骨のメンテナンスで一番大切なことは、「背骨は曲げてはいけない」、「背骨は曲げずに守るものである」という認識をしっかりと持つことです。p98

首や腰の関節、骨を、いたわりながら使っていくことが大切なのだなと思った。



頚椎症性神経根症
頸椎の変形(椎間板の変性、骨棘の増殖等)により、脊髄から左右に枝分かれして腕へ伸びる「頚髄神経」が、骨の出口付近の椎間孔付近で圧迫、刺激されて、首の後ろや肩、腕、指先に、しびれや痛みといった症状が出現します。痛みは軽い違和感がある程度のものから、耐えられない痛みまで程度はさまざまです。
首を後ろにそらすと症状が増悪する場合が多く、上を見る、うがいをすることも不自由になります。
p89

いつの間にかこの症状が出ているという人は、
けっこういるのではないかと思う。



首の圧迫を取り除く究極のリラクゼーション法
「ペットボトルストレッチ」
①アゴ下に、タオルや横にしたペットボトルをはさむ。500mlの中央がくぼんでいるペットボトルがオススメ。タオルの場合はたたんでゴムやひもで縛ったものを使う。5~10秒間。
※そのまま、ゆっくりと首を屈曲させると頸椎間を広げるので、牽引効果もあります。
※急激に力を加えないこと。アゴを乗せて力を抜く程度で。
p129


首の痛みやしびれを解消する「アゴの押し込みストレッチ」
①壁にピタリと後頭部、背中をつけて立つ。
②後頭部が壁から離れないように、アゴを首に押し込んでいく。アゴ下のタルミのシワを目立たせるようなイメージで。5~10秒間。p132

上記二つを組み合わせた、以下ののエクササイズを、
私も時々やっている。

肩コリ、首コリを解消するスリーステップエクササイズ
①ひたいに手のひらを当て、首を前に曲げる方向に約5~10秒間、力を発揮(実際には動かさないで力比べをするだけ)。
②手のひらを組んで後頭部に当て、首を反らす方向に約5秒~10秒間、力を発揮(動かさないで力比べをするだけ)。
③アゴの押し込みストレッチを行い、最後にペットボトルをアゴ下に挟んでしばらくリラックス(5~10秒)p137


このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号”いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて”より 私も受けてみたいなと思った検査

2018年03月19日

この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号”いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて”という記事の中で、
私も受けてみたいなと思った検査は、
超音波内視鏡検査
の三つ。

ミアテストは、いまのところはまだ診断できるガンが少ないようなので、いま一番受けてみたいのは、アミノインデックスがんリスクスクリーニングかな。

ミアテストがもう少し発達したら、ミアテストが一番になると思う。

超音波内視鏡検査は、胃カメラをやるときについでにやってもらいたい。

そのほかに紹介されている検査は、受ける前に生活習慣の改善をすればよい。


このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて MCIスクリーニング検査

2018年03月19日

この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

MCIスクリーニング検査

採血(7ml)で「MCI(軽度認知障害)」を調べることができる。
MCIは認知症の”前兆”といわれ、40%のMCI患者が5年以内に認知症を発症するとされる。

MCIスクリーニング検査は、アルツハイマー型認知症の患者の脳内に蓄積する「アミロイドβ」というタンパク質の、蓄積を抑制するタンパク質が、血液中に減っていないかどうかを調べる。
7割の確率でMCIかどうかがわかる。


記事には、認知症の35%は生活習慣を変えることで予防できる、と書かれているけど、そうだとしたら、この検査を受けるかどうかより、まず生活習慣を改善することが大切なのだろうと思う。





このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて PEA検査

2018年03月19日

 
この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて  

PEA検査 

採血でうつ病を判定する。 
うつ病の発見率は90%。 
脳内で喜びや快感を得た際に分泌される『リン酸エタノールアミン(PEA)の血中濃度が1.5未満の場合に『うつ病』と判断する。


うつ病かどうかは医師が決めるので、この検査データが悪い人を医師がうつ病ときめたら、発見率が高くなるのは当然のことなんじゃないだろうか。
しかし、精神科系の疾患は診断があいまいな部分もあると思うので、客観的なデータで判断できるようになることは、ある程度必要なことなのだろう。





このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて サインポスト遺伝子検査

2018年03月19日

この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて 

サインポスト遺伝子検査

血液または唾液から62種類の遺伝子を採取し、体重などの基礎データと掛け合わせて病気のリスクを算出する。
「肥満」「高血圧」「高血糖」、変わったものでは「二日酔い」など、14項目の”かかりやすさ”を算出できる。
検査結果の報告書には、遺伝子分析に基づいた日常生活のアドバイスが豊富であることが特徴。
費用は1回4万~6万円。


遺伝子を調べて、肥満になりやすいですよと言われても、
やっぱりね、
と思うくらいのものだろう。

二日酔いとかも、
今までの自分の経験からして、どの程度飲んだらなるのかはだいたいわかるので、
あらためて「遺伝子的に」とか言われても、どれだけ意味があるのだろう。

それに、
日常生活のアドバイスを実行して、どの程度効果があるのかは、
ちゃんと調べてみないと確かなことは言えないだろうと思うし。




このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて 脳梗塞リスクマーカー

2018年03月19日

この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

脳梗塞リスクマーカー

脳細胞が僅かでも壊死すると、アクロレイン、インターロイキン6、CRPという3つの物資が血中に増える。
血液検査でこの3つの物質を測定することで、脳梗塞のリスクを判定する。
発見率は85%。
全国約200か所で受けられ、費用は保険適用外で8000円~1万円程度。


この検査も、悪い結果が出たあとにできることは結局、生活習慣の改善だな。



このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて LOX-インデックス

2018年03月18日

この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて 

LOX-インデックス

血液検査の一種。
血液中に含まれるたんぱく質『s-LOX-1』と『LAB』の量を測定する検査のこと。
これらの値が基準値を超えると10年以内の脳梗塞発症率が約3倍、心筋梗塞発症率は約2倍。
1万2000円程度で受けられる医療機関が多い。


この検査も、結果が悪かった場合に必要なのは生活習慣の改善なのだろうから、
検査で悪い結果が出る前から、生活習慣を改善しておけばよいのだと思う。
まあ、明らかに悪いといわれてからでないと、改善できないものなのかもしれないけど。



このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて MCG解析

2018年03月18日

 
この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて 

MCG解析

心臓の虚血(動脈硬化などによる心臓への血流不足)を判定する。
測定した心電図データを米国の会社に送り、AIによって約4万人の症例と比較して判断する。
受ける感覚は「通常の心電図検査」と変わらない。
痛みも被爆もなく、10分~20分ほど横になっているだけで心臓カテーテルとほぼ同等の精度が期待できる。
浦田クリニックでは1万6200円。


解析の方法が特許ということなのだろう。
お金儲けないといけないから仕方ないけど、特許が開放されたら多くの人にメリットがあるなと思う。
しかし、
動脈硬化を判定して、動脈硬化が進んでいる場合に生活改善などを行うわけだから、病気になる前から生活を改善しておけばよいような気もする。


このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて MR-PET

2018年03月18日

この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

MR-PET

X線検査で見つけられるがんの大きさの限界が1.5㎝。
PETは直径1cmのガンを発見できる。
磁気共鳴画像装置(MRI)と組み合わせたのが「MR-PET」。

現在国内で10台が稼働。
対象のがんは乳腺、頭頚部、甲状腺、肺、食道、大腸、前立腺、膵臓など、幅広く、全身をくまなく検査できる。
検査費用は12万9600円。
X線検査に比べて制度は約4倍、体への負担は半分以下。


お金持ちの人なら、年に一回くらいこの検査を受けておくといいのかもしれない。
もしくは、アミノインデックスがんリスクスクリーニングを年に一回くらいやって、以上があったらこの「MR-PET」をやるとか。




このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて ミアテスト

2018年03月18日

この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

ミアテスト

がんを発症すると、その部位に応じて異なるタイプのマイクロRNA(遺伝子の一種)が血液中に混じり込む。それを利用してがんリスクを検査するのが「ミアテスト」という血液検査。

血液に含まれるマイクロRNAが検出されれば膵臓がん、乳がんに罹患している確率は90%以上。
早期のがんも検知できる。
費用は保険適用外で、3万5000円~6万5000円。

4月から胃、大腸、肺、肝臓、食道、頭頚部、腎臓、前立腺、甲状腺、卵巣、子宮頸部のがんと脳腫瘍を対象とした試験が始まる。
今後は、どの抗がん剤が効くのかといった”がんの性格”まで調べることができるようになると期待されている。


この方法が、多くのがんの検査で活用できるようになれば革命的だなと思う。
遺伝子を調べるわけだから、より確かなことが分かる。
みんなで半年に一回くらいこの検査を受けて、早期治療ができるようになったら、がんによる死亡はかなり減るんじゃやないかと思う。






このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて アミノインデックスがんリスクスクリーニング

2018年03月18日

この本より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS=味の素の登録商標)

膵臓がんをはじめ、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、
といった複数種のがんに罹患している可能性を一度に調べらえる。

がんにかかると、それまで一定に保たれていた血液中のアミノ酸濃度が乱れる。
採血した5ccの血中に含まれるアミノ酸濃度を健康な人の数値と比較することで、どのがんに罹患している可能性があるかを評価する。

現在、全国およそ1300施設で検査を受けられる
保険適用外で、一回当たり2万~3万円の費用がかかる


職場の検診で行う胸部レントゲンとか、バリウム飲んで行う胃の検査をやめて、
この検査を行ったほうがいいのではないかなと思う。


このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて 超音波内視鏡検査

2018年03月18日

この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 3/30 号 いま絶対に受けておくべき最新・医療検査のすべて

超音波内視鏡検査

膵臓がんは、ガン死亡数で、肺・胃・大腸に次ぐ第四位。
膵臓がんで年間3万人が亡くなる。
5年生存率は9%。
その膵臓がんを完治可能な段階(0期)で発見できるのが、「超音波内視鏡検査」。

超音波内視鏡検査は、胃カメラの先端部に小型の超音波(エコー)装置が付いたものを胃から十二指腸まで挿入し、膵臓の状態を調べる。
疑わしい影があれば、確定診断のために細胞を採取することができる。
検査時間は15分ほどで、患者の負担は通常の内視鏡検査(胃カメラ)とほとんど変わらない。


胃カメラをやるついでに膵臓も調べらるようになれば、いいですね。




このページのトップに戻る

「血管を鍛える」と超健康になる!: 血液の流れがよくなり細胞まで元気 (知的生きかた文庫) 文庫

2018年03月17日

この本から学んだこと。

「血管内皮細胞」から「NO」がきちんと分泌されていると、しなやかで詰まりにくい血管を保つことができるp23

「NO」のもっともわかりやすい働きは、「動脈を拡張させて」「血液の流れをよくし」「血圧を安定させる」ことp26

「NO」の分泌を促す、もっとも直接的で効果的な方法は、「血行を促進すること」です。p31

動脈を拡張させて血液循環をよくするには、「有酸素運動」による筋肉の収縮がより効果的です。p37

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるほど、血液循環に関係しています。p42

正座をしているときには、体重がふくらはぎにかかっているので血行がふだんよりも滞っています。そのため、立ち上がったときに、一気に血流が開放されて血液がどっと流れ、「血管内皮細胞」が刺激されて「NO」の分泌が促されます。p50

一分程度、立ったときに足がジンジンするくらいの正座がおすすめです。p52



この本から学んだことで、覚えておきたいなと思うことをまとめると、

1.ふくらはぎを使うことで、血流が良くなり、その結果として血管の健康が保たれる。

2.血流が一時的に滞り再開するという刺激は、血管の内皮細胞を活性化して、血管を健康に保つのに有効。

本書のそのほかの部分は、適度な休息、禁煙、ダイエット、さなかを食べること、など、一般的な健康法が書かれている。







このページのトップに戻る

週刊現代 2018年 3/10 号 ”血圧が140以上の人は認知症になる”

2018年03月14日

週刊現代 2018年 3/10 号 ”血圧が140以上の人は認知症になる”
という記事より。

最高血圧が10上がればラクナ梗塞を発症する確率が男性で約20%、女性で約15上昇するといわれ、血圧との関連が明らかになっています。p155

ラクナ梗塞は高齢になるほど発生率が増加する。島根大学の研究によると60代では約25%、70歳以上の高齢者では30%の人がラクナ梗塞を患っているといわれる。これは健康な人も含む平均値で、高血圧のグループに限定すると約2倍に梗塞のリスクが上昇するという。p155

認知症は、アルツハイマー型やレビー小体型といった、特定のたんぱく質が脳に蓄積して神経細胞に異常をきたすタイプが全体の7割程度を占めているが、残りのうち2割は、脳血管の詰まりが原因となっている。p156

雑誌記事にあるように、
60代で25%の人にラクナ梗塞がある、
といことと、
2012年時点の65歳以上の認知症の有病率は15%
ということより、
(参照↓
認知症は「身近な病気」です | 認知症の基礎知識|相談e-65.net
ラクナ梗塞の人は10人中2.5人で、
認知症の人は10人中1.5人。

高血圧の人は2倍のリスクということなので、
60代で高血圧の人は、10人中5人がラクナ梗塞となると考えれる。

認知症の2割が脳血管のつまりが原因ということなので、
脳血管のつまりが原因で認知症になる人は10人に0.3人。

脳血管のつまりというのをすべてラクナ梗塞と考えると、
ラクナ梗塞で認知症になるのは100人中3人。

60代の高血圧の人がラクナ梗塞となるのは、100人中50人。

この数字だけみていると、
ラクナ梗塞にはけっこう多くの人がなるけど、
それでも認知症になる人はそんなに多くない、
と言えるのかなと思う。

”血圧が140以上の人は認知症になる”
というのは言い過ぎで、
血圧が高い人はそうでない人よりも少し認知症になりやすい、
というくらいかなと思う。


このページのトップに戻る

心疾患患者へのクラリスロマイシン使用で注意喚起

2018年03月14日

米食品医薬品局(FDA)は2月22日、「冠動脈疾患患者に抗菌薬のクラリスロマイシン(米国での商品名:Biaxin)を使用すると心臓に関連した問題や死亡の長期的なリスクが上昇する可能性がある」とする医薬品安全性情報を発出した。
ということ。

クラリスロマイシンは、 処方される薬の名前として、 
クラリス、クラリシッド、クラリスロマイシン、マインベース、 などがある。 

このことは、 看護師も知っているほうが良いだろうなと思う。

このページのトップに戻る

妊娠中のバルプロ酸使用は子の成績に影響

2018年03月14日

抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウムを妊婦が使用すると、子どもの認知発達が障害される可能性が懸念されている。
と言ことで、
実際にデータでもそれが示されているそうです。

バルプロ酸ナトリウムはてんかんの治療に使われる薬。

ほかのてんかんの薬には、
子供の成績に影響の無かったものもあるようなので、
妊娠を考えた場合には、それらが検討される必要があるのでしょう。

薬の副作用に関しては、
まだ因果関係がはっきりしていないものもたくさんあるのだろうなと思います。






このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

広告

カテゴリー

最近のコメント