トップ

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 風邪薬

2018年02月13日

この本より。

”私が患者なら絶対に飲まない薬”

インフルエンザが重症化すると、インフルエンザ脳炎・脳症という状態になることがあります。このときに、サリチル酸系解熱剤を使用すると、脳の血管を傷つけ、症状が悪化するリスクが出てきます。p59

この解熱剤は医療機関でよく処方される総合感冒薬PL顆粒、ピーエイ、ぺレックスなどに含まれ、実は市販の解熱鎮痛剤にも含まれている。p59


解熱剤は、デング熱でも問題になる場合があるそうだ。

理由がよくわからず急に発熱したときに、とりあえず解熱熱を飲むのはやめたほうがよさそうだなと思う。


高熱を伴う風邪の症状にには、インフルエンザを含むあらゆる風邪に有効で、赤ちゃんから妊婦、高齢者まで使える『アセトアミノフェン』をまず第一に考えるべきでしょう。p59
ということです。



このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 花粉症の薬

2018年02月13日

 
この雑誌より。
”私が患者なら絶対に飲まない薬”

抗ヒスタミン剤は、眠気を生じさせたり、頭痛、乾燥がひどくなって鼻や口が乾いたり、排尿が困難になるなどの副作用があります。

抗ヒスタミン剤とステロイド剤を混合したセレスタミンという内服薬は非常に強力ですが、ステロイド剤はアレルギーを抑えるのと同時に体の免疫力も抑えてしまうので副作用も強い。血圧の乱高下や糖尿病を誘発したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしたりする可能性がある。p59



私も過去に抗ヒスタミン薬を飲んだときに、眠気が強く出たり、口が乾いて不快だったりしたことがある。 記事中で勧められていたアレルギーの薬は、『アレグラ』で、私も花粉症がどうしてもひどくて仕方ないときに、仕方なく『アレグラ』を飲むことがあるけど、『アレグラ』もほんとはあまり飲みたくはないなと思っている。

このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 目薬

2018年02月13日

この雑誌より。

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬


有効成分の中に塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸ナファゾリンなどを含む目薬を処方されたときには注意が必要。血管を細くして血流を減らし、一時的に目の充血を解消する効果がありますが、繰り返し使用すると血管が太くなり、逆に充血を悪化させるケースがあります。p59

老眼の場合は、毛様体筋の働きをスムーズにするビタミンB12を含『シアノコバラミン系』成分が入った目薬を選ぶといいという。p59

ドライアイに効果があるステロイド系の目薬は、感染症を起こすリスクがあります。p59



塩酸テトラヒドロゾリンとか塩酸ナファゾリンなどは、
市販の目薬にも入っている成分で、

一時的に目の充血をとるときにはいいのでしょうが、
連用するのは問題があるようです。
http://www.kawamotoganka.com/tayori/1072/



シアノコバラミン入りの点眼薬も、市販のものがありますね。
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/products/otc/sante_bio.jsp



ステロイドの入った目薬では、
さすがに市販のものはないようです。

ステロイドの入った目薬についての注意は、
以下の記事が詳しかったです。

このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬

2018年02月10日

 
この雑誌より。”私が患者なら絶対に飲まない薬”

胃酸の分泌を抑制するタケプロンやオメプラールなどプロトンポンプ阻害薬(PPI)

PPIを服用した患者が服用後5年間で死亡する割合は、H2ブロッカーの患者に比べて25%高かったという研究が米国の医学誌で発表されました

PPIはH2ブロッカーよりも胃酸抑制作用が高く、下痢や肝障害、薬疹などの副作用が報告されている

ちょっと胃が変だなと思って胃薬を飲んで、
肝障害が起きたら割に合わないなと思う。




このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 睡眠薬

2018年02月10日

 
この雑誌の ”私が患者なら絶対に飲まない薬” より。

デパスやハルシオンといったベンゾジアゼピン系睡眠薬は注意が必要です。同薬は依存性が高いうえ、看過できない副作用もある。服用を続けると、筋力低下作用のほか、軽度の意識混濁、(錯覚や幻覚など)を示す”譫妄症状”などの副作用があります。

最近眠剤は、
ベルソムラやロゼレムなどの新しいタイプのものが処方される機会が増えているかなと思います。

眠剤の内服というのは、精神的な影響もけっこうあって、
いつもハルシオンを飲んで眠っている人とかだと、
「ハルシオンでないと眠れない!」
と、思い込んでいることがあって、
そのせいで、ほかの薬では眠りにくくなる場合もあるかなと思います。





このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 糖尿病の薬

2018年02月10日

 
この雑誌より。 

 アマリール、オイグルコンといったSU製剤

 SU製剤は血糖値を下げる効果が大きい反面、低血糖を引き起こす副作用も併せ持っています。低血糖はひどくなると昏睡状態に至り、そのまま放置すると最悪、不整脈を起こして死に至ることもある。p57

「私が処方する薬は『SGLT2阻害薬』が多い。約4年前でた新薬ですが、インスリン分泌には作用しないので血糖値が下がり過ぎず、余分な糖分だけを排出するこうかがあります。p58

血糖値は、食事の量とか運動の量とか体調とかによっても、高めになったり低めになったりすることがあり、
血糖を下げる薬をのんでいるかぎりは、血糖値が下がりすぎてしまう可能性は常にあって、
血糖値はかなり高くてもあまり症状がないのに、
血糖値がある一定の数値より下がると、急激に重篤な症状がでてしまうことがある。

高血糖は長いあいだをかけて体を蝕むのだけど、
低血糖はすぐに症状があらわれるその場で体を傷つける。

血糖値を下げる薬というのは、
そう言うリスクのある薬だといことは知っておかないといけないと思う。


このページのトップに戻る

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 血圧の薬 脳梗塞の薬

2018年02月10日

この雑誌の特集 ”私が患者なら絶対に飲まない薬”より

ブロプレス、ミカルディス、ディオバンなどのARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)といった高圧剤
ARBは血圧を下げる効果があり、脳卒中の発生率も下げますが、肝心の死亡率を下げるというエピソードがまだ存在しません。新しい薬なので、長期服用でどんな影響があるかわかっていなのが実情です。p56

脳梗塞や心筋梗塞などの再発予防では、抗血栓薬のプラビックスも広く使われてはいるものの、脳梗塞の予防効果についてはきちんと証明されていません。
ただしプラビックスは心筋梗塞のステント治療の後に服用すると、再発を防ぐ効果があることは確認されているという。p57

こういうテーマの薬の特集があると、
ARBやプラビックスなどはよく槍玉にあげられる薬だと思う。

それは、比較的新しい薬なので、
長期的に服用した場合のメリット、デメリットがはっきりしていないせいかなと思う。

薬はどんなものでも、メリットとデメリットがあるので、
メリットがデメリットを上回るかどうかの判断は、そう簡単にできることではない、
ということなのだろう。

とするとタイトルも、
絶対飲まない薬、
ということでもなく、
今のところは飲まないでおこうと考える薬、
というくらいなんじゃないかな。



このページのトップに戻る

くしゃみを我慢すると喉が破裂する可能性がある

2018年02月10日

くしゃみを抑えることで喉の奥の破裂だけでなく、両肺の間に空気が貯留する「縦隔気腫」と呼ばれる病態や、鼓膜の損傷、脳動脈瘤の破裂などの危険もある
ということです。 

目を開けたままくしゃみをすると目玉が飛び出す可能性がある、
という話もどこかで聞いたことがあるのですが、
本当でしょうか?

いずれにしろ、
くしゃみのエネルギーは相当なものなのだなと思います。

このページのトップに戻る

食洗機の中にはさまざまな細菌や真菌が生息している

2018年02月10日

食器洗い機(食洗機)は食器の汚れをきれいに落とせるが、その庫内にはさまざまな細菌や真菌が生息している可能性が高いことを示唆する研究結果が「Applied and Environmental Microbiology」1月12日オンライン版に掲載された。
ということ。

記事によると、

「細菌やウイルス、真菌といった微生物はヒトの体内や体表をはじめあらゆる場所に存在しており、食洗機が原因で病気になる心配はほとんどない」

ということですが、
細菌や真菌が生息していると言われれば気持ちが悪い感じがするので、
このような情報は、
食洗機内を殺菌するための薬剤とかの宣伝に利用されるだろうなと思います。

食器洗浄機内の細菌を殺す薬剤と、細菌自体と、
どちらがより体に悪い影響を与えるのかも実際のところはよくわかりませんし、
身の回りの細菌を過剰に排除してしまっても、
それはそれで何かしらの問題が起きるのだと思いますけど。


このページのトップに戻る

科学的に証明された認知症の予防法は今のところない

2018年01月30日

「認知機能の低下やアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の予防に役立つことが証明された薬剤やサプリメント、脳トレーニング法は今のところ存在しない」とする4件のシステマティックレビューの論文が「Annals of Internal Medicine」2017年12月19日オンライン版に掲載された。
ということ。

認知症治療薬や降圧薬、糖尿病治療薬、脂質異常症治療薬、各種ビタミンやオメガ3系脂肪酸、大豆、イチョウ葉エキスなどのサプリメント、脳トレ、
すべて予防効果は不十分。

全て無駄。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!

いさぎよい感じです。


しかし、集団としては全て無駄でも、
一人の個人としては、
健康的な生活を送ることはやはり大切なんだろうなと思う。

基本的なことをなしにして、
サプリメントをとったからOK!
ということはないのだな。




このページのトップに戻る

病的肥満、肥満外科手術で死亡率減少

2018年01月29日

肥満症患者において、肥満外科手術(腹腔鏡下での胃バンディング術、ルーワイ胃バイパス術、またはスリーブ状胃切除術)は、手術治療を行わない通常ケアと比較して、全死因死亡率の低下と関連することが示された。
ということ。

病的な肥満は手術して直したほうが良い、
ということなんだろう。

手術治療を行わない通常ケア、というのもどういうものかわからず、
病的な肥満についても、どの程度の肥満のことをいうのか、
記事からは読み取れないけど。

手術して死亡率が下がったわけだから、結果的にその肥満は病的だった、
といっているようにも読み取れる。

まあ、
肥満はよくない、
ということはわかる。









このページのトップに戻る

脳異常と犯罪行為の関係

2018年01月29日

脳に病変が確認された後に犯罪行為に及んだ17人の脳画像データを解析した研究の結果、脳病変の位置はさまざまだが、全ての犯罪者の病変が特定の脳内ネットワークと関係していることが示唆された。

脳の変化が犯罪行動に結びついていることがわかったとして、
犯罪行動を起こしやすい脳の構造をすでに持っている人に対して、
どのように対応したらよいのだろうか。

犯罪に至る前からそういう人を監視することが許されるのだろうか。

性格や個性のようなものも、
脳の構造などに関連して説明されるようになることは、
良い面も悪い面もあるなと思う。

このページのトップに戻る

TV視聴1日5時間以上で卵巣がんリスクが2倍

2018年01月29日

今回、大規模な全国コホート研究であるJACC研究(Japan Collaborative Cohort Study)で、主な座位行動であるテレビ視聴時間と卵巣がん発症の関連を調べたところ、1日平均視聴時間が5時間以上の人は2時間未満の人より2.15倍発症リスクが高かった。
ということ。

ほかのガンもどのくらい増えるのか、
調べてほしいなと思う。

長時間座っていることが体に悪いことは確かなわけだから、
正確な数値はわからなくても、
座る時間を減らせばいいだけのことかもしれないけど。


今だと、
テレビの視聴時間はスマホをしている時間に押されて減少しているかもしれないので、
その結果、卵巣がんが減るとしたら、
スマホの良い効果、とも言えるのだろう。


このページのトップに戻る

2017年に飛躍的発展遂げた糖尿病治療

2018年01月29日

2017年は糖尿病の研究と治療が飛躍的発展を遂げた一年であった。特に進歩がみられた分野には(1)人工膵臓技術、(2)糖尿病治療薬による心血管疾患リスクの低減、(3)持続血糖測定(CGM)の進歩、(4)1型糖尿病の妊婦における血糖コントロールの改善、(5)超速効型インスリンの承認、(6)医療コストへの関心の高まり-の6つが挙げられる。
ということ。

人工膵臓技術というのは、
血糖値測定とそれに応じたインスリン投与を自動で行う装置ということみたい。

そういう技術がもうすぐ現場にも登場するのだろうなと思う。

もうすぐといっても10年くらいかな。



このページのトップに戻る

友人が多いほど糖尿病になりにくい

2018年01月29日

中高年から高齢になると社会的に孤立している人よりも、付き合いのある友人が多い人ほど2型糖尿病になりにくい可能性があることが、オランダで行われた新たな研究で報告された。
ということ。

社交的な方が活動量が増えていいのかなと思う。

日本だと、付き合いで飲み会とかが増えて、
糖尿病になりやすくなりそうな気もするけど。


このページのトップに戻る

日本人のビタミンD摂取量と脳卒中死亡が逆相関

2018年01月21日

JACC研究(The Japan Collaborative Cohort Study)で日本人集団における食事でのビタミンD摂取量と脳卒中・冠動脈疾患死亡リスクの関連を調べたところ、ビタミンD摂取量が脳卒中死亡と逆相関することが示唆された。
ということ。

ビタミンDは日光に当たることによっても作られるはずなので、
その影響はどうなのだろうかと思う。

日光に当たる人ほど脳卒中が少なくなるとか、
おもにオフィスで働く人と、外で仕事をすることが多い人とかをくらべらたら、
何かわかりそうな気がするけど。



このページのトップに戻る

夜間勤務5年ごとに、女性の乳がんリスクは3.3%増加

2018年01月19日

夜勤をしている看護師では、がんになる確率が上がるらしい。
<a href="http://www.carenet.com/news/general/carenet/45357?utm_source=m1&utm_medium=email&utm_campaign=2018011500" title="長期の夜間シフトは女性のがんを増やす?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット">長期の夜間シフトは女性のがんを増やす?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット</a>

記事によると、
夜間勤務5年ごとに、女性の乳がんリスクは3.3%増加した
そうなので、
単純に計算して40年夜勤をすれば3.3%の8倍で、26.4%増加するということなのだろう。

26.4%の増加というのは、
かなり多いように感じる。

ちなみに、
生涯のうちに乳がんになる女性の割合は、50年前は50人に1人でしたが、現在は14人に1人 と言われており、年間6万人以上が乳がんと診断されています。
ということで、
日本女性に増え続ける乳がん | 乳がんとは | 乳房再建ナビ

こちらもかなり多いように思う。

ざっくりした計算で、
1÷14×1.264は、だいたい0.09なので、
夜勤をして40年務めた看護師は、
10人に1人くらいが乳がんになるといえるのだろう。

10人に1人って、
かなり多いような気がするな。

このページのトップに戻る

「1日に温かいお茶を一杯以上」で緑内障リスク低下の可能性

2018年01月19日

日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、中高年の代表的な眼の疾患である緑内障になりにくい可能性があることを示した小規模研究の結果が「British Journal of Ophthalmology」2017年12月14日オンライン版に掲載された。

記事によると
毎日温かいお茶を飲んでいる人は、飲んでいない人と比べて緑内障リスクが74%低いことが分かった。ただ、冷たいお茶やデカフェのお茶を飲んでいる人では、緑内障リスクの低下は認められなかった。また、コーヒーやソフトドリンクと緑内障リスクとの間にも関連は認められなかった。
ということ。

このことは、アメリカの調査データの解析から分かったのだそうだ。

日本なら、静岡県民の緑内障の罹患率を調べたらなにかしらわかりそうな気がする。

静岡県としては、お茶の健康への効果についてはどんどんアピールしたいだろうから、一度ちゃんと調べたほうが良いのではないかなと思う。

しかし、冷たいお茶には効果がないということだから、
お茶の成分が影響しているわけではなくて、「温かいお茶」を好むような人のライフスタイル全体が、影響していることなのかもしれない。

温かいお茶、をよく飲む人は、生活全般にゆとりがある人のような気がするので、そういうことが関係しているとか。

まあ個人的には、一日何杯か飲むコーヒーのうちの一杯くらいを、お茶に替えてみようかなと思う。



このページのトップに戻る

不眠症治療における睡眠衛生教育のメタ解析

2018年01月17日

睡眠衛生教育は、不眠症に対する認知行動療法よりも効果は低い。睡眠衛生教育が、プライマリケアにおける不眠症のための段階的ケアモデルの役割を担っているかどうかは、未解決の方法論および実施上の問題のため、確固たる結論に至っていない。
ということです。

睡眠衛生教育と不眠症に対する認知行動療法というのがどんなものかよくわかりませんが、
勝手に想像してみると、
睡眠衛生教育というのは、厚生労働省ががしている「健康づくりに関する睡眠指針2014」の内容を指導するようなことで、
不眠に対する認知行動療法というのは、「現実の受け取り方」や「ものの見方」を変化させることで、より眠れるようにする、あるいはより眠ったと感じられるようにする方法、
なのかなと思います。

それで、
健康衛生教育はあまり効果がなさそう、
ということなのかなと。

この記事で述べられている研究だけでは、
まだそう言い切ることはできないのでしょうけど、

ハッキリとした効果があります!

とも言えないので、
記事も、どっちなのかよくわからない感じになっているのでしょう。






このページのトップに戻る

胃食道逆流症は上部気道消化管がんリスクに関連

2018年01月17日

胃食道逆流症(GERD)は食道腺がんの危険因子として知られているが、今回、米国の高齢者での症例対照研究から、GERDが喉頭などの上部気道消化管(UADT)の悪性腫瘍の発症にも関連することが示唆された。

胃酸の刺激をうけて細胞が傷つけば、それを治そうとして細胞が分裂する過程でコピーのミスが起こり細胞ががん化する、
というような理由なのだろう。

胃酸の刺激はかなり強力なものだろうからな。


このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

広告

カテゴリー

最近のコメント